2016年12月22日

【Android Studio】 アプリをローカライズ(外国語に対応)させる

アプリを英語や中国語など外国語に対応させるのはEclipseだと簡単なんですが、
Android Studioではちょっと面倒なので書いてみますよ。他に書いているサイトと
か見かけなかったし。

題材とするアプリは所得税の計算。これを英語に対応させてみます。

まずはレイアウトXMLファイルのtextviewの文字をstrings.xmlで管理できるように、
赤の下線のところのように書き換えます。

localize0.jpg

で、valuesフォルダを右クリックし、「New」→ 「Values resource file」へと進みます。

localize1.jpg

次に「File name」に「strings」と入力。左下の選択肢から「Locale」を選び、中央の「>>」
をクリック。

localize2.jpg

中央の「Language」で「en;English」を選択して「OK」をクリック。

localize3.jpg

これでstrings.xml(en)が追加されました。画像ではすでに中国語(台湾向け)
のファイルも作成済みですが。

localize4.jpg

後はファイルをこんな風に書く、と。

localize5.jpg

ちなみに日本語の表示はstrings.xmlに書いてあります。そして
「Language」からEnglish(en)を選択すると、日本語だったtextviewが・・・

localize7.jpg

このように英語で表示されるようになりました。

localize6.jpg

今回は日本語をベースに英語に対応させることをしましたが、広く外国人ユーザー
を得たいなら、英語をベースに日本語や他の言語のファイルを加えるほうがいい
でしょう。

つまりstrings.xmlに英語で書き、「ja;Japanese」などのファイルを作ると。

localize9.jpg

タグ:Android Studio
posted by Blue Rock at 23:18| Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

文字数カウントメモに▲▼ボタンを追加

Androidアプリ「文字数カウントメモ」と「文字数カウントメモ 英語など用
をアップデートし、▲▼ボタンを追加してみました。画像の左上の所ですね。

wcss3j.jpg

▲ボタンを押すとカーソルが一番最初の位置、つまり文のはじめに移動し、
▼ボタンを押すとカーソルが文尾に移動します。

これにより長文の編集が少しは楽になると思います。

----------------------------------------------------------------

それにしても相変わらずレイアウトに余裕がない、低い解像度のスマホには苦労をさ
せられます。

いいかげんそういったスマホは切り捨ててしまいたいんですが、まだ使っている人がど
れぐらいいるか分からないので、なかなかできません。

う〜ん、あと1年くらいでいいかなぁ?

posted by Blue Rock at 23:40| Java・アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

お酒を飲む機会が多いこの時期に Androidアプリ「アルコールの分解時間」をリリース

忘年会など、この時期はお酒を飲むことが多いですよね。そんな人のために、
「アルコールの分解時間」というアプリを作ってみました。

「アルコールの分解時間」のダウンロード(Google Play)

bdtimess2.jpg

このアプリではお酒の量、アルコール度数、あなたの体重を入力すると、体内で
アルコールを分解するまでの時間を計算することができます。

複数の種類のお酒を飲んだ場合でも、分解の合計時間を表示します。

bdtimess3.jpg

ま、一応だけど分解時間には個人差があるし、同じ人でも起きている時と寝
ている時でも違うので、あくまでも目安の時間と考えてください。

というわけで、20歳以上のお酒を飲まれる方のダウンロードお願いしま〜す。

「アルコールの分解時間」のダウンロード(Google Play)

タグ:アルコール
posted by Blue Rock at 22:52| Java・アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

英語のレビューの意味がわからない

アプリを作っていると外国のユーザーからのレビューも寄せられたりするんですが、
当然のことながら日本語じゃないわけで、意味がイマイチ分からなかったりするん
ですよね。

例えばこちらの英語のレビューは、「乱数ジェネレーター」に寄せられたもの。

Whats next? Don't know if I should wheel some sets or what?

う〜ん、「それで? 作った乱数でどうすりゃいいの?」って意味なのかなぁ・・・?



そしてこちらは「文字数カウントメモ 英語など用」へのレビュー。

You have to put a space behind the word for it to be considered one

「単語の後ろにスペースを入れて1つとみなされるようにすべき」という意味なんだ
けど・・・。単語とスペースを合わせて1つの単語とカウントすべきってことなのか?

それとも単語の後ろにスペースを自動的に入れろってことなのか。


どちらの文も意味がわかる人は、このブログのコメント欄で教えて欲しいんだけれど・
・・。

タグ:英語
posted by Blue Rock at 23:02| Comment(0) | Java・アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

陸上、水泳、スケート競技者向けAndroidアプリ「スタートトレーニング」をリリース

さて今回はスタートが苦手、スタートの練習がしたいというアスリート向けのアプリ、
「スタートトレーニング」を作ってみました。

「スタートトレーニング」のダウンロード(Google play)

stss1.jpg

このアプリでは陸上の短距離走、水泳、スピードスケートにおけるスタートの反応速
度を鍛えることができますよ。

使い方としては、まず「RUN」、「SWIM」、「SKATE」から一つ選び、「START/STOP」
を押します。すると3〜5秒後(長さはランダム)に「RUN」の場合は「セット」、「SWIM」
の場合は、「テイクユアマークス」、「SKATE」では、「レディー」と声がします。

で、間(長さはランダム)があってからピストル音がするので、すぐに「START/STOP
」を押します。

カウンターの右に赤いFの字が出たらフライングです。

stss3.jpg

なおピストル音とカウンターの開始にずれがあるようなら、「DELAY」ボタンを押して
数値の調整をしてください。


とゆうわけで、負けたくないならこのアプリを使ってライバルに差を付けろっ!!!

「スタートトレーニング」のダウンロード(Google play)

posted by Blue Rock at 23:03| Java・アプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする